Micropterigidae

大顎をもつガ類-コバネガ科

ガ・チョウ類は昆虫のなかで最も種数の多い昆虫のグループの一つで、ほとんどの種の幼虫は被子植物を食べることで知られています。「コバネガ類」は、現生のガ類のなかで最も原始的な系統です。コバネガが出現したのは、およそ2億年前(ペルム紀末〜ジュラ紀)、陸上では恐竜が繁栄し、裸子植物が台頭していた時代と考えられています。コバネガの成虫はストロー状の口器ではなく、咀嚼型の大顎をもつ(図1)といった原始的な特徴を持つことから、鱗翅類の起源を探る鍵となる存在として注目されてきました。興味深いことに、コバネガの幼虫のほとんどは、被子植物ではなく、現生の陸上植物のなかで最も原始的な「コケ(とくにタイ類)」を食べています。

 コバネガは世界の南極大陸を除くすべての大陸に分布しており、これまでに21属約160種のコバネガが記載されています  (Davis 2012)。日本列島におけるコバネガ類の多様性は顕著に高く、現在では4属20種の日本固有種を含む6属23種が記録されています(Hashimoto 2006; Imada & Kato 2018)。日本固有属に含まれるコバネガ類は、すべてジャゴケ属Conocephalum のコケのみを食草としています。

The Micropterigidae in Japan

        • Micropterix Hübner, [1825] 1816
          • M. aureatella (Scopoli, 1763)
        • Paramartyria Issiki, 1931
          • P. immaculatella Issiki, 1931
          • P. semifasciella Issiki, 1931
        • Issikiomartyria Hashimoto, 2006
          • I. nudata (Issiki, 1953)
          • I. akemiae Hashimoto, 2006
          • I. plicata Hashimoto, 2006
          • I. distincta Hashimoto, 2006
          • I. bisegmentata Hashimoto, 2006
          • I. hyperborea Imada & Kato, 2018
          • I. leptobelos Imada & Kato, 2018
          • I. catapasta Imada & Kato, 2018
          • I. trochos Imada & Kato, 2018
        • Melinopteryx Imada & Kato, 2018
          • M. coruscans Imada & Kato, 2018
          • M. bilobata Imada & Kato, 2018
        • Neomicropteryx Issiki, 1931
          • N. elongata Issiki, 1953
          • N. kazusana Hashimoto, 1992
          • N. bifurca Issiki, 1953
          • N. cornuta Issiki, 1953
          • N. matsumurana Issiki, 1931
          • N. redacta Hashimoto, 2006
          • N. kiwana Hashimoto, 2006
          • N. nipponensis Issiki, 1931
        • Kurokopteryx Hashimoto, 2006
          • K. dolichocerata Hashimoto, 2006

 

1. 日本列島におけるコバネガの異所的な分布と多様化 (Imada, Kawakita & Kato 2011)

coming soon

2. 東北地方におけるコバネガの多様性と分布 (Imada & Kato 2018)

東北地方の4県(青森県、岩手県、秋田県、山形県)から、イッシキコバネIssikiomartyria Hashimoto, 2006という属に含まれるコバネガの新種を発見しました。今回発見された4つの新種は、いずれもきわめて局所的な範囲に生息していました。なかでも、ツガルイッシキコバネは津軽半島固有種の昆虫として特筆すべきものです。

これまで過去10年間にわたり、東北地方一帯で分布調査をおこなってきました。食草種であるジャゴケは東北地方に広く普通にみられたものの、イッシキコバネ属は日本海側の多雪地帯を中心に分布し、太平洋側にはほとんど分布していないことが明らかになりました。イッシキコバネ属の分布の形成は日本海側の積雪量の多い気候と関連している可能性を示唆しています。

3. 赤石山脈に固有の新属の発見 (Imada & Kato 2018)

赤石山脈(長野県、静岡県、山梨県の県境付近に南北に位置する山脈)からは3種ものコバネガが互いに近接しつつ生息していることが知られていました。本研究でコバネガの分布境界を精査したところ、高標高地の数地点から、金または銅色がかった光沢のある翅をもち、雌雄の交尾器に固有の特徴がみられる2種のコバネガが初めて発見されました。これらを第四の日本固有属のコバネガとして認め、タカネコバネ Melinopteryx として記載しました。

(最終更新日 2018年3月29日)

Advertisements