Micropterigidae

大顎をもつガ類-コバネガ科

コバネガ科は現生の蛾類の中で最初に出現した系統で、その起源は白亜紀前期あるいはジュラ紀にまで遡ります。
 コバネガ科は様々な祖先的な特徴をもっています。例えば、成虫はストロー状の口器ではなく、咀嚼型の機能的な大顎をもちます(カウリコバネガ科・モグリコバネガ科も同様)。
 世界の南極大陸を除くすべての大陸に分布しており、これまでに21属約160種のコバネガが記載されています  (Davis 2012)。

日本からは5属17種のコバネガが知られており、そのうち3属14種が日本固有です (Hashimoto 2006)。

The Micropterigidae in Japan

  • Micropterix Hübner, [1825] 1816
    • M. aureatella (Scopoli, 1763)
  • Paramartyria Issiki, 1931
    • P. immaculatella Issiki, 1931
    • P. semifasciella Issiki, 1931
  • Issikiomartyria Hashimoto, 2006
    • I. nudata (Issiki, 1953)
    • I. akemiae Hashimoto, 2006
    • I. plicata Hashimoto, 2006
    • I. distincta Hashimoto, 2006
    • I. bisegmentata Hashimoto, 2006
  • Neomicropteryx Issiki, 1931
    • N. elongata Issiki, 1953
    • N. kazusana Hashimoto, 1992
    • N. bifurca Issiki, 1953
    • N. cornuta Issiki, 1953
    • N. matsumurana Issiki, 1931
    • N. redacta Hashimoto, 2006
    • N. kiwana Hashimoto, 2006
    • N. nipponensis Issiki, 1931
  • Kurokopteryx Hashimoto, 2006
    • K. dolichocerata Hashimoto, 2006

1. 日本列島におけるコバネガの異所的な分布と多様化

coming soon

2. coming soon

(最終更新日 2017年1月25日)