Home

Welcome to Yume Imada’s lab!

愛媛大学大学院理工学研究科 今田弓女研究室のページです

当研究室について

陸上の多様な植物と昆虫はいかに相互に影響しつつ進化してきたのでしょうか。当研究室では、昆虫や植物の生態と形態を緒に、陸上の生物間相互作用とその進化的変遷の理解をめざして研究に取り組んでいます。

研究室のメンバーは、生物の多様な生活史を明らかにするナチュラルヒストリーを核として、さまざまなテーマを扱っています。現在の研究対象は、ハエ・ガガンボ、ガ、バッタ、カゲロウ、ダニといった節足動物、コケ、植物化石、鳥などです。

以下をおもな軸としています。

  • 原始的な陸上植物(とくにコケ類)と昆虫の相互作用と進化経路の解明
  • 摂餌や呼吸、擬態にまつわる生態形態学
  • 化石を用いた過去の植物ー動物相互作用の推定

About Us

How do insects and plants reciprocally affect each other’s evolution?

We study various aspects of biological interactions between plants and insects and major evolutionary transitions thereof.

  1. Interactions between bryophytes and arthropods
  2. Ecomorphology and evolution of physiological systems (particularly, alimentary and respiratory systems) and mimicry of insects
  3. Biological interactions in the fossil records

We draw on a host of approaches: extensive field work, rearing, and methods of morphology, histology, molecular, and paleobiology. Presently, our study materials range from arthropods (flies, moths, crickets, mayflies, mites), plants (both living and fossil), to birds.


研究分野とキーワード Disciplines and Keywords

昆虫学 Entomology 植物と昆虫の相互作用 Plant-insect interactions 自然史 natural history 生態学 Ecology 進化学 Evolutionary biology 分類学 Taxonomy 分子系統 Molecular phylogeny コケ Bryophytes 生態形態学 Ecomorphology 古生物学 Paleobiology


Click the headline

Publication

February 26, 2021. ラオスの植物の訪花昆虫についての共著論文(Kato et al. 2021)がJournal of Natural History 誌にて出版されました(link)。A paper in which I am coauthored was published. The paper entitled: Community-level plant–pollinator interactions in a Palaeotropical montane evergreen oak forest ecosystem.

Publication

February 25, 2021. Zoological Journal of the Linnean Society 誌の論文がオープンアクセスとなりました(link)。My paper on larval ecomorphology of long-bodied craneflies in Zoological Journal of the Linnean Society is now accessible to anyone without charges (Open Access). Check out the article here. 研究成果がメディアで報道されました。産経新聞(link)、共同通信(link)、毎日新聞(link)、日本経済新聞(link)、EurekaAlert!、Scienmag, Bioengineer.org。プレスリリース「昆虫の「至高のコケ擬態」のからくりに迫る —イモムシがもつ”柔らかいツノ”の多面的な機能を発見—(link)」My paper on larval ecomorphology of long-bodied craneflies was picked up by EurekaAlert!, Scienmag, and… Continue reading Publication

Lab news

March 26-30, 2021. 本州での調査に行ってきました。桜舞う渓流美を堪能しました。 February 18, 2021. 卒業研究発表会(4回生)、課題研究発表会(3回生)が無事に終了しました。また、三好さん(3回生)が胞子を食べる昆虫についての発表でベストポスター賞を受賞しました。


連絡先 Contact

今田弓女
愛媛大学大学院 理工学研究科
環境機能科学専攻 生物環境科学コース 生態学研究室
Ecology lab
Graduate School of Science and Engineering, Ehime University

Tel(Office): 089-927-9632 
E-mail: imada.yume.wp(a)ehime-u.ac.jp